木や森、山が好きだから

木は二酸化炭素を吸収しない、という学者先生の著書や動画を目にして、「えっ?そうなの?」とここしばらく考えこんで、いろいろ調べたりしていました。(両論あるようです。)

「木は光合成をして、綺麗な酸素を出している」と思っていたので、とてもショックでした。でも、私は木や森が大好きだし、確かにそこに行って触ったり、匂いを嗅いだりするだけで、何だか「すぅーっ」として、すがすがしい気持ちになります。間違いなく!

画像の説明

林業人口の高齢化や継承者の不足で山が荒れていることは事実。
山が荒れると、川も海も影響を受けるそう。以前、唐桑町(宮城県)の「豊かな海はまず健康な山づくりから」という取り組みをTVで見たことがあります。
「木や森は、自然の生物の中でも中心的な位置にいるのでは?」と、思いました。

その森林や山を守るための予算がずっと不足しています。そのために間伐もできず荒れ放題の山が日本のあちこちに・・・。
予算捻出の一つの手段として、カーボン・オフセットという仕組みを誰かが考え出したのだと思います。
あれこれ考えているうちに「いいじゃない!」と思いました。
だって木や森、山がなくなるのは嫌だし、見ていたいし、触っていたいし・・・。

なので、是非、木や森、山が「好きだ!」と言う方、「なくなるのは嫌だ!」という方、ご賛同頂ける方に読んで頂けたら嬉しいです。
あなたの「結婚」と共に!「未来の木・未来の森」

「企業の森」等の名称で企業が行政に寄付して、環境貢献の一環として活動しているところもあります。それも嬉しいことだと思っています。
「私達個人が、一人一人ができることもあってもいいのでは?!」と思いました。

大台町の「ブライダルの森」がたぶん日本で最初の取り組みだと思いますが、これが全国に広がって、その地域、地元にゆかりの人たちが育む木や森、山が広がって行ったらどんなに素晴らしいだろうと思っています。これは、その最初の一歩です。
「多くの方に参加して頂きたいなぁ!」です。(^.^)

お問い合わせはこちら

コメント


認証コード5156

コメントは管理者の承認後に表示されます。